100均で手品グッズを購入してきました。

温暖化防止のために

数年前はテレビで手品の特番がよくやっていたのですが、最近やらなくなりましたね。
私は大掛かりなマジックよりも技で見せるトランプマジックが好きで、種もしかけもないトランプを購入して、どうすればテレビでやっているようなマジックができるんだろうとよく考えていました。

大人になった今では、タネがあることを理解しましたが、その頃は、純粋だったので仕掛けがあるなんて考えもしませんでした。
なぜ、今日は手品の話をしているかというと、百均で沢山の手品グッズが売っており、なかなかのクオリティの高い手品ができそうだったので購入してきたからです。

いざ中を開けてみると、手品のタネは、相当複雑なものかと思っていましたが、びっくりするくらい単純なものが多いことがわかりました。
少しトランプに細工するだけで、人を驚かせることができるマジックになるようです。ふと思ったのですが、手品師もすごいですが、このマジックの種を考え出す人はもっとすごいように感じます。

面白くて節約にもなる家庭菜園

数年前から、家庭菜園をやっています。
我が家は田舎の古い家なので、もともと畑がありました。

以前は祖母が野菜を作っていたのですが、さすがに90歳を越えた頃から畑仕事は難しくなり、畑には雑草が生い茂ってしまいました。
雑草だらけだと見た目も悪いし、虫もたくさん出るので、なんとかしようと思って私が野菜を育てることにしたのです。

しかし、知識や経験もありませんし、十分な世話をするための時間もなかなかとれないので、最初はうまくいきませんでした。
ちゃんと水をやっているのに植えてすぐ枯れてしまったり、何とか収穫にこぎつけても、小さな実が少ししかならなかったりと、失敗ばかりでした。

それでも、野菜作りについての本や雑誌、インターネットサイトなどで調べたり、祖母に訊いたりして勉強しているうちに、だんだんうまく育てられるようになってきました。
お店で売っている野菜のように立派なものはできませんが、うちで食べるだけなので、全く問題ありません。

家庭菜園をやっていると野菜を買う量が減るので、節約になりますし、何より、自分で野菜を育てて収穫するというのは、大変ですが面白いです。